" 北陽警備保障株式会社-消防用設備点検業務-

消防用設備点検業務

消防用設備などの点検・報告制度について

消防用設備等の点検・報告は、
【防火対象物関係者(所有者・管理者・占有者)】の義務です。

消防用設備等の設置が義務付けられている防火対象物の関係者は、 その設置された消防用設備等の適正な維持管理・点検・消防機関へ点検の結果を報告しなければなりません。

【消防法第17条及び第17条の3-3】

1.消防用設備等を設置することが義務付けられている防火対象物

詳細ページへ

2.点検の内容と期間
  機器点検 6ヶ月ごとに1回
  総合点検 1年ごとに1回

詳細ページへ

3.点検実施者
防火対象物の用途や規模により異なりますが、資格者(消防設備士又は消防設備点検資格者)が点検を行なうこととなっています。

詳細ページへ

*その他の詳しい内容については、「総務省消防庁及び各消防機関」・ 「各都道府県消防設備協会」ホームページをご覧ください。

業務内容


「火災検知器」の動作点検のようす


「非常警報装置」の動作点検のようす

消防用設備等の設置・法定点検・改修
消防用設備等の設置工事・法定点検・消防機関提出用報告書の作成・補修工事など
防火対象物定期点検・報告
防火管理のエキスパートである「防火対象物点検資格者」が、防火管理上の必要な業務の実施及び実施状況の点検・消防機関への報告を行ないます。また、あわせて、防火管理体制の強化のお手伝いをいたします。

*注:お客様の施設が「防火対象物定期点検」に該当する建物であるかは、管轄する消防機関へお問合せください。

点検報告を必要とする防火対象物

詳細ページへ

消防用設備等の販売
消火器・住宅用火災警報器など消防用品全般
Copyright © HOKUYO ALARM NETWORK SERVICE All Rights Reserved.